企業所有から公共事業の一環としての整備に軍配か

PR| ローコストハウスの自然素材対応工務店オーダー収納の専門店|知立市で注文住宅を建てるゴミ屋敷を検索相模原市でトイレのリフォーム相談

家づくりへのこだわりから大分市の住宅展示場にまで足を運んだ私は豊田市に輸入住宅を建てたのですが、家の裏には30台から40台ほど停めることができる若干広めのガレージがありました。それがあると、そこで乗り合わせたり、いったん仮停めするなどして便利でした。一応、どこかに車の駐車スペースを借りているほうがよいわけですが。

しかし、気になるのがそのガレージのフェンスです。年数が経っているためか、錆びていたり曲がっていたりします。それで眺める景色はあまりよろしくありません。もうちょっと綺麗にしようという気はないのかと、思ってしまうわけです。

もしも自分が担当者ならまっさきにそのフェンスぐらいは取り替えるでしょう。家の裏ということもあるし。他人のスペースを綺麗にしようという気持ちがないのかもしれません。

企業の所有ではなくて、公共の所有物として運営されておれば公共事業の一環として、多少取り替えのプランが出来上がってくるものと考えています。とくに昨今は、都市を綺麗にする取り組みがなされていることからも、いっそうのこと公共物にしてもらいたいところです。

PR |住宅リフォーム総合情報クレジットカードの即日発行じゃけん生命保険の選び方工務店向け集客ノウハウ英会話ノウハウ勉強会|マーケティング経営研究.net|カウンセリングのお悩み解決サイト|ゴミ屋敷解消Q&A|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マッサージのリアル口コミ.com|