企業所有から公共事業の一環としての整備に軍配か

家の裏には、30台から40台ほど停めることができる若干広めのガレージがありました。それがあると、そこで乗り合わせたり、いったん仮停めするなどして便利でした。一応、どこかに車の駐車スペースを借りているほうがよいわけですが。

しかし、気になるのがそのガレージのフェンスです。年数が経っているためか、錆びていたり曲がっていたりします。それで眺める景色はあまりよろしくありません。もうちょっと綺麗にしようという気はないのかと、思ってしまうわけです。

もしも自分が担当者ならまっさきにそのフェンスぐらいは取り替えるでしょう。家の裏ということもあるし。他人のスペースを綺麗にしようという気持ちがないのかもしれません。

企業の所有ではなくて、公共の所有物として運営されておれば公共事業の一環として、多少取り替えのプランが出来上がってくるものと考えています。とくに昨今は、都市を綺麗にする取り組みがなされていることからも、いっそうのこと公共物にしてもらいたいところです。

相互リンク|全身脱毛どこがいい|MY2-Link|童話集|ページランク別相互リンク集|相互リンク募集サイト|PageRankExpolreオ|オーディオ|驚愕頭部|全身脱毛 どこがいい|心の童話|SEO|PageLink|seoリンク|